お部屋退去立ち会い ~ 費用にビクビクする私たち

入籍と共にお引越しもして、同棲していたお部屋の退去立会いに行ってきました。

間取りは1Kのメゾネットタイプ。
壁紙は黄色くなってるし、キッチンも油なんかで黄色いシミがたくさん出来てて、換気扇は油でベトベトしるし。床もタバコの焦げ跡が何箇所かあるしで、汚れがひどい状態です。
メゾネットを寝室がわりにしてて、窓がなく、万年床にしてたときもあったので、床にカビらしき黒い汚れもついてます。
敷金を入れてるものの、退去するのにかなりのお金がかかりそうだねって旦那と話してたんです。

彼(現:旦那)の家で一緒に住もうってなっとき、私が一人暮らししてた家を引き払う事にしたんだけど、その時も退去費用に悩まされてました。
敷金・礼金がなくてもお部屋が借りられるってCMしてる会社で、昔そこに住んだことがある友人から退去費用がウン十万したっていう話も聞いてたので、女1人だと舐められちゃいけないと思って、彼(現:旦那)を連れてったのを覚えてます。
ちなみに彼(現:旦那)は、身長が高くガタイもいいタイプで、道を歩いてると、正面から人が来たら道を譲られる見た目で、友達になった人からは「人は見た目で判断しちゃいけないね。」と言われる人なんです。
私の家を引き払う時は、家賃が日割り計算で、残りの家賃分じゃ足りなかったので、ちょっと足したぐらいで、確か10万もせず数万程度でおさまりました。
タイミングが良くラッキーだったんです。
物件自体も古くて、以前「今の物件は古いので新しいお部屋に住み替えないですか?」って電話がかかってきた事もあるくらい。
床が絨毯で、焦げ跡やシミがたくさん付いてたけど、フローリングに張り替えるので、絨毯代は無し。
壁紙も汚れてて全面張り替えだけど、住んでる年数が長かったので1割負担におさまりました。
ほかにも色々あったけど、突っ込まれず思ったより安価でおさまったんです。

そして同棲してた部屋についてですが、2週間ほど前に管理会社から連絡が来て、「突然ですが、オーナーと管理会社が変わりました。」と連絡が来たんです。
立会いの会社が変わっただけで、特になにもメリットがないと思ってたんだけど、当日の立会時間はわずか5分ほどで終わりました。
何をしたかって言うと、玄関前で管理会社と待ち合わせをして、一緒になかに入って、振込口座と名前と連絡先を記入しただけ。
とても簡単です。そうです、以上で終わりです。
狭い部屋なので、管理会社の人はお風呂とトイレを見て、メゾネットの上の部屋を見て、それで終わりです。
費用について何も言ってこなくて怖くなってたところに旦那が「費用ってどうなるんですか?」と聞いてくれました。
そしたら、敷金の余りを振り込むというはじゃありませんか。
頭に?(ハテナ)が浮かびました。
立会人曰く、「通常なら契約書にハウスクリーニング代やなんやらかんやら事細かに書くはずなのに書いてないので詳細が分からない。」という事でした。
契約書にあるはずの詳細事項については理解できなかったど、要は以前の管理会社のやり方が曖昧で、うちのと違うんだよ。だからお金取らないよ。って事でいいのかな?

何はともあれ、家の引き払いは無事に終わりました。更に、少し敷金が戻ってくるのは嬉しいことじゃないですか。
正直、戻ってきた敷金は生活費にあてたいところだけど、付き合う前に旦那が借りた部屋なので、旦那に渡そうと思います。
今言ったらパチンコ代にする!って言うと思うので、管理会社から振込まれるまで黙っておこうと思います。
hikkoshi_man

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください