だらだらと過ごした日

前日の夜から、次女が発熱をしていました。朝には下がるかな?もし下がっていたら、パートの日だったので保育園に行ってもらおうと思い、出勤の支度はしておき、次女を起こしに寝室に行きました。パッと見はすごく元気で、あ、これ熱ないかもな、なんて思って一応検温してみると38度ありました。はい、会社休みます。

そこから会社、派遣会社、保育園に欠勤の連絡を入れ、近所の病院に診察券を持って順番待ちをすることにしました。その前日にも病院に行ってインフルエンザの検査を受けていたのですが、翌日にも下がらないようならもう一度来てください、と言われていたのです。

診察してインフルエンザの検査をすると、陰性でした。風邪だろう、ということなのでそのまま帰宅しました。本当は寝室で寝てほしいのですが、熱が出ていて眠りも浅いだろうから、リビングにお昼寝用布団をひくと、おとなしくそこでコテンとしていて、そのまま寝てしまいました。

私はちょうど頼んであったコミックエッセイが届いたので、ゆっくりそれを読むことができました。お昼ご飯はありあわせで、子供の大好きな納豆シラスご飯です。子供はシラスがものすごく好きなのです。

それを食べてまた布団でごろごろしているうちに寝てしまいました。本も読み終わってしまった私は音を小さくしてテレビを見たり、音を立てないように片づけをしたり、普段はできないような細かなことをやっていました。出かけられないし、家にいるしかないので、こういう時はチマチマ断捨離をすると結構はかどります。

そんなことをしているとあっという間に夕方になり、長女が帰ってきました。次女は熱があるから外出させたくないけれど、長女の習い事があるので、厚着をさせて送っていきました。待合室があるので、普段はそこで習い事が終わるまで待っているのですが、教室に入ったのを見届けて、また急いで帰宅し、お迎えの時間まで家で過ごしました。

大して何もしていない一日なのに、なぜかやたらと疲れてしまい、あっという間に寝てしまいました。
mask_woman

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください