3年間事故車としての保障

家で母と妹が乗っている軽自動車があるんですけど、この前妹がちょっとした事故を起こしてしまいました。人身事故では無くて良かったんですが、曲がろうとした時に家の前の電柱を巻き込んでしまったようで、左後ろのバンパーとウィンカーが大破してしまっています・・笑。「これどうしたんだよ」と妹に聞くと「あぁぶつけちゃったの」とまぁ悪びれた様子 も無く返されて呆れてしまいました。後ろから見ると完全にぼこぼこの事故車です・・。電柱は無傷だったのでホッとしました。妹自身は乗れればいいと思っている家の車なので、以前からこすり傷などをしょっちゅう作っています。でも今回はさすがにウィンカーがつかなくなっているので、整備不良の違反になってしまいます。妹にいうと「え~、そのまま乗れないの?」とびっくりしていました。いや、そりゃダメに決まってんだろ妹よ・・。母にも言ってお金払うから直そうということになりました。僕がどのくらいのお金になるのかディーラーに見積もりをお願いすることにしました。これが意外に高い。2桁万円です・・笑。一応自損でも車の保険は効いているので、ほっとしました。等級は上がってしまいますが、負担は5万円。妹も少し払うことになって不満顔でしたが・・。母は「こういう時に保障してもらえるなら、保険屋さんは損するんじゃないの?」と呑気なものです。「保険使うと等級あがって、次の更新の時にたぶん何万円か上がるよ」と教えてあげました。ここでようやく母もことの重大さに気づいたようです笑。「じゃぁあの子の負担も少し増やさなきゃね」保険屋さんに確認すると、今回の自損の場合は今後3年間事故車としての保障となって、3等級下がるそうです。保険料で計算してみると3年間の合計で約10万円ほどでした。保険代は妹は全く払っていないので、ここで母と妹の協議が始まりました笑。「この増えた分のいくらかはあなたが払いなさい」「え~、お母さん払ってよ~」ここでも妹はかなり抵抗笑。でも結局10万円のうち半分を妹が負担することになりました。これがあってから、妹は少し運転の粗さが少なくなった気がします。まぁ今回は自損でしたが、車対車でぶつかったり人身事故を起こしてからでは遅いので、今回は良い教訓になったと思います。