協力しあうことの大切さ

私の息子は現在小6で、スポーツのクラブチームに所属しています。

キャプテンとしてチームを引っ張っていこうと日々頑張っています。
そしてその母親の私は、チームの書記という役がついています。

大人の役員は、代表、書記、会計の三役なのですが、代表を務めていたママさんが、先月クラブチームを辞めてしまいました。

急な転勤でしたので仕方がないのですが、仲間が辞めていってしまうのは寂しいものですね。

さて、代表の業務を誰がやるかという話になり、私に依頼が来ました。
代表兼書記という形で進行していこうということになったのですが、私に代表が務まるのかとても不安でした。

私が不安を隠しきれないでいたら、役員ではないママ達が次々と個人的に連絡をくれて、「なんでも手伝うからね!」と言ってくれたのです。

一応形的には私が代表を引き受けるものの、会計のママも、代表業務を手分けしてくれることになり、みんなで支え合いながら進めていくことになりました。

245

私は会社勤めも数年しかせずに結婚してしまいましたし、ましてやスポーツもしていなくて上下関係のようなものも、あまり経験していません。

上に立場に立つ経験なんて、まったくないのです。
それでもみんなに支えてもらいながら頑張っているところです。

私が頑張っていられるのは、 息子もスポーツを頑張っているからだと思っていたのですが、息子から思いがけない言葉をもらいました。

お母さんが役員を頑張ってくれているから、自分もスポーツが頑張れる」と言うのです。
そんなことを言ってもらえると思っていなかったので、とても嬉しかったです(#^.^#)

先日も息子と二人でラーメン屋さんへ行ったとき、私が食べ終わったのを見て、「お母さん、待ってる人いるから出ようか」と言うではありませんか。

こんなふうに、周りをきちんと観察できている息子の成長が本当に嬉しかったです。

クラブチームという組織の中で、私も息子も、みんなに助けられ支えられながら、もっと成長していけるといいと思います。

久々に友人に会う

高校時代の友人、一人が現在海外に住んでいます。
ご主人の海外赴任についていっているのです。
その子が一時帰国するので、友人たちで会うことになりました。

場所は私の家です。当日まで色々準備して、いざ当日の朝!なんてことでしょう、長女が気持ち悪いと言って嘔吐し始めました。
嘔吐してはどうしようもないので、友人たちにすぐにメールを送り、残念だけれどキャンセルしました。

ところが、帰国中の友人はそのメールを見ていなかったらしく、時間通りに我が家にやってきてしまいました。
長女は二階で寝ているので、仕方ないので一階で私たちはおしゃべりをしていました。
もう、来てしまったので他の友人も呼んでしまいました。

途中、私は長女を病院に連れて行くので家を開けました。
その間、友人たちだけでおしゃべりをしていたようです。
長女も遊びたかったけど、仕方ない、二階で寝てても人の声がするから寂しくなくていい、と言ってくれて良かったです。

長女が具合悪いので短い時間しかおしゃべり出来ませんでしたが、充実した時間を過ごせました。
その2,3日後に友人はまた海外に行ってしまうので、その時を逃したら会うことは叶わなかったので、ちょっとあわただしくはなりましたが、機会が持ててよかったです。

mama_kai

新国立競技場について思う事。

先日のニュースで新国立競技場の工費上限金額が1550億に設定されたとの報道がありました。

以前の2500億とか言われていた時からから考えると、1000億近い節約です。
ちなみにどんな内容か気になって見てみると、冷暖房設備がないとの事です。
これを見て私はビックリしました。
今のご時世、冷暖房のない大型施設なんか見た事がありません。
ましてやワールドカップ、オリンピックの開催される季節は暑い夏になります。
何を考えて、このような対応をしたのか理解に苦しみます。

直近の五輪メイン会場の建設費は、北京が513億円、ロンドンが900億円、リオが550億円と言われています。
その観点から考えると、まだかなり高いのです。
1500億も使うのなら、冷暖房施設はつけられると思います。

この際1550億でも良いから、見る人のために冷暖房施設は最低限つけて欲しいと思います。
私はテレビで見る派なので、特に支障はありませんが、オリンピックの会場でバタバタと熱中症で倒れる姿は見たくありません。
直近の報道を見る限りでは、一般人・アスリートの意見をかなり取り入れているので、是非これも取り入れて欲しいものです。
先日IOCから工期の短縮の要請が出ていました。

今のスケジュールではギリギリのタイミングになりそうです。
良くオリンピックが始まっても、まだ施設を作りきれていないケースなどもあるので、急いで作って貰って、余裕を持って迎えたいものです。
またさらにデザインを公募しなくても、前回の次点がその金額で出来れば良いじゃんと思うのは素人考えなのでしょうか?
利権にまみれたオリンピックにならない事を祈ります。

olympic_medals

おはよ~(*^_^*)

ずいぶん涼しくなりましたね~
ほっと一息かな

秋の夜長は映画や海外ドラマいいですねぇ~
この前TVで放送していたドラエモンのStand by me
すごく期待していたんだけど、前にふつ~の映画?でみたような???
3Dのリメイク版かな  残念 ちょっと感動うすかったなぁ

ちょっと検索

やっぱり「帰ってきたドラえもん」のリメイク版らしい
私は、3D版よりも「帰ってきたドラえもん」の方がよっかったと思います。
まだ見てない人はぜひどうぞ

dora

 

 

犬神家のお盆

そろそろお盆という事で、今日は母と一緒に、お墓参りへの手伝いに出かけました。
うちの家は大学時代から「お前の家は、犬神家のようだ」と、友達地に言われ続けていましたし、自分からも「うちは犬神家だから・・・」という話をよくしていました。
それだけ、「イエ」とか「血筋」とかいうものを大切に考えている家でした。

また、しきたりもあれこれと残っており、私が大学時代に「一人旅に出る」といったとたん「その日は旅を始めてはいけない日だから、ずらしてほしい」といわれ、むしゃくしゃして、結局、旅行を取りやめて一人部屋にこもった夏休みを過ごしたこともありました。

そんな「犬神家」だったので、とにかく、しきたりというものに反発をし、そのたびに家族の中に不協和音が響き渡り、「家を出ていけ」とか「今までのお金を返せ」とかいうような、家族としては話してはならないようなことを堂々と話しあっていましたし、父母も困り果てていました。

という事で、震災以降はお互いに連絡も取りあわず、みんなそれぞれで「連絡先は知らない」という暗黙の了解のまま、過ごしてきました。
しかし、その中心であった祖母も亡くなり、父も亡くなり、母が実家で猫を相手に暮らしている毎日が続いています。

しかし、彼岸や盆になると、何やらわからないけれども、「墓参り」に連れて行かされます。
実家のそばのお寺に墓はあるのです。
しかしそれとは別に別の場所に「お墓」があり、いつもそこへ行くときには手伝いをさせられています。

「これはいったい誰の墓なの?」と母に聞きます。
しかし、母の答えは「ずっと昔のよくわからない人」としか答えてくれずにいます。

もしかしたら、あれこれ「血筋がどうのこうの」といった横溝正史的なごたごたがあった残りかもしれないと思っています。
現に、最近「我が家のこれまで」について急に興味を持った弟が、仏壇の「位牌の中」を調べ、「たくさんの子供が死んだんだね」という一言を残していました。

そんなことを考えると、「やはりうちには何か人には言えない秘密がある」とつい、思ってしまい、
「やはりうちは犬神家なのか」と思ってしまう今年の夏のお盆でした。

アタックすれば叶うこともあるんだね

芸能ニュースで、男性が女性にアタックしまくって結婚できたという話を聞きました。
その男性に記者がインタビューしていたので本当の話だと思いますが、共演するたびに手紙を送ったり、連絡先を教えてくれと頼んだり、どこどこへ仕事に行くと聞いたら駄目もとでその女性が乗っているかもしれない新幹線に乗っていくなどなど、一歩間違えればストーカー行為に当たるんじゃないかと思うくらいの情熱ぶりでした。
相手から何かしら反応があれば手ごたえも感じるとは思いますが、女性はメルアドも一度も教えたことがなく、手紙の返事も一回も返ってこなかったそうです。
いきなり結婚してくれと言われてOKしたことから、私は女性が男性のことをただのプレイボーイだと思っていたんじゃないかなと思いました。
そこで、結婚という文字が出たことで本気度がわかり、快諾したのかと。

コメンテーターは、かっこいいからいいけど、僕なんかが同じことをやったらストーカーで気もち悪いって思われちゃうよ、と言っていました。
「ただしイケメンに限る」という文言はどうやら本当に大切なようです。
一方的なアタック、そして返ってこない返事に負けなかった男性はよほど強い意志があると思いました。

fufu_young

自動車を運転する時の意識の持ち方

自動車を運転する時、私は自分の運転が上手くて
周囲の人がものすごく下手って考えて運転するようにしてます。
正直教習所だと自意識過剰は事故の元だと習ってますし、
それって危険なんじゃって思われそうなんですが、
結構安全だと思ってます。

というのは、もちろん私の運転が上手なわけはありませんし、
私より上手な人は沢山います。
しかし人間常に意識をはっきりさせて運転してるって
わけではないんですよね。
いくら私より運転の上手な人でも遅刻をしそうで時間に
追われて焦って運転してる時ハンズフリーで通話しながら
運転してる時考え事をしてる時は、
どうしても周囲への注意力が散漫になりますし、
荒い運転にもなったりします。(*゚Д`;)

いないと思いたいですが飲酒運転をする方もいますし、
スマホを操作しながらっていう危険な方もいるでしょう。
いくら低確率とはいえ、私の周囲を走ってる運転手が
そういう状態でないとは言い切れません。

そういう運転手が1%の確率でも、
10分も運転すれば100台以上の車とすれ違うわけで、
遭遇する確率はとても高いわけなんです。

よく交差点で見かけるのが右折をしようとする時、
対向車の確認はしても自転車や歩行者まで確認してない車が
多いんですよね。
ある程度進んでから歩行者に気づき横断歩道前で急停止
(停まれなければ事故ですよね)、
その結果対向車線を塞ぐ形になったりします。

対向車が完全にいないならいいですが、
対向車のスピードが遅いので今のうちにって感じで
突っ込んだ場合、対向車の運転手もボーッと運転してれば
事故になるわけです。(>_<)

このような感じで自動車の交通事故って
運転技術の上手い下手じゃなく不注意からおきるものなんです。
ですので、私は周りの人がそういう状態だと考え、
常に最悪の状況を想定しつつ運転することにより、
事故を起こさないようにしてます。(^_-)-☆

車の車検代を奈良で見積もりをしてもらいました (^^)

93c

自宅の車は母と妹が乗っていて、
車検の時期になるといつも僕がディーラーと相談して
手続きをしています。
僕は別の自分の車があるので、それは自分持ち。
家の車は母と妹が半分ずつ出し合っています。

車検の時期に来るといつも言われるのが費用のことです。
これってもう少し安くならないのかなぁ??
元々どうしてお金がかかるのかということがわかっていない
母なので説明も一苦労です・・。(-_-;)

そして今回はさらに母から提案がありました。
知り合いに車の修理工場を奈良でやってる人がいて
車検を安くしてくれるみたいなんだよね
どうやら今のディーラーとその町工場とどちらが安いのかを
見積もってもらいたいそう。

知り合いの方が高かったら断ることになって気まずい
んじゃない

まぁそれならそれで私が言うからやってみて
まぁ聞くだけならタダだしいいかと思って見積もって
もらうことにしました。

その車の整備をする小さな町工場という感じで
個人経営しているお店でした。
いつもお願いしているディーラーはメーカーの直営店です。
メンテナンスの部品交換で値段が変わるのは知っているので、
それぞれのお店でまず交換部品に何をあげるのかを比べました。

ディーラーはブレーキパッド、ミッションオイル、プラグ、
発煙筒でした。
町工場の方はブレーキパッドとミッションオイル以外の部品。
町工場の方には整備記録が無いので気づかないのは、
仕方が無いと思い、ブレーキパッドとミッションオイルも
伝えて別に見てもらいました。

その2つはディーラーの人には交換を強く推されましたが、
町工場の人は次の2年くらいなら持つかなという感じ。
全部を交換するとディーラーの方が安く、
ブレーキパッドとミッションオイルを交換しなければ町工場の方が安い
という何ともまぁ微妙な結果に・・。^^;

ディーラーさんに伝えると
値段で決められるのは当たり前なので、また次回お願いします」と
太っ腹な言葉。
つながりが無くなるのはやっぱり気まずいので
こういう風に言われてホッとして、町工場の方に決断できました。

一応前回より2万円ほど安かったので、母も納得。
知り合いの顔も立って満足しているようでした。
車検ってこういうコネを使うとやっぱり安くなるものですね。
良い経験になりました。

近くの海にジンベイザメが出現。

先日とても驚いたことがありました。それは、近くの海にジンベイザメが出たことです。その一報は、関東に住む親戚からもたらされました。どうやら夕方のニュースで全国版で放送していたようです。どうせまたシュモクザメかメジロザメでも出たんだろうと適当に聞き流していたら、ジンベイザメというから驚きです。話を詳しく聞くと、どうやら地元の漁港の定置網にジンベイザメがかかったようです。私の住む山陰では、神話でサメも登場するくらいポピュラーな存在です。夏になると、例年何回かサメの目撃情報が出たりします。ただ、さすがにジンベイザメは私の記憶にもありません。気になって調べてましたが、今までに山陰地方ではジンベイザメの目撃情報はありませんでした。そもそもジンベエザメは、比較的水温が高い地域に生息していて、主に石垣島などの南側の海に生息しています。それが年に1~2匹は黒潮に乗って日本海側に来るケースもあるようですが、山陰地方まで遠征してきていたとは驚きです。今年は茨城などの関東でもサメの目撃情報が出ています。全国的に海水温が高くなってきている影響でしょうか。山陰では夏は海が貴重な観光資源になっているので、影響が心配です。地元の経済に影響が出ないと良いのですが。

suizokukan_jinbeizame

電動工具類を駆使してDIYを行うこと

近年ではDIYとして自主的に物作りや修理修繕などを行う方が増加傾向にあります。プロに依頼する方法では、高度な技術によって各種施工を済ませることもできますが、DIYによって作業を行うことに関しては、他には無いスタイルを持ったものを作ることもでき、独自性を兼ね備えたアイテムを製作することに向いています。マイペースで作業を進めることもでき、趣味の一つとしても利用されています。そんな中、例えばDIYで物置小屋などを製作する方法も用意されています。このタイプのものでは各種電動工具を駆使して製作する方法になり、例えば床下の基礎の部分や床材、壁材などに利用できる木材に関しては丸鋸などを使うことによって、短時間でカット作業をスムーズに行うこともできます。柱や壁、床材などの各パーツを接合させる部分に関しては、電動工具の中でもメジャーなインパクトドライバーなどを利用すると便利に機能することになります。一般的な電動ドライバーであっても対応することは可能になりますが、インパクト方式の場合では備わっているパワーが大きく異なるために、持っていると活躍する場面の多い機器としても知られています。ドアの周囲や屋根の縁の部分などに対しては、センスによって装飾を施すことも可能になります。丸鋸の場合では直線状に木材をカットすることを目的にしているものですが、装飾用としてはジグソーなどの電動工具を利用すると曲線カットを行うことができます。ジグソーはレーザーが備わっているものがあり、目標とする直線カットも可能としている機種が存在しており、使い道の広いものとして活用することもできます。全体的には電動ヤスリを利用することも必要な場面があります。電動ヤスリはタイプによって異なりますが、一般的に市販されているサンドペーパーと同じ素材を利用できるものも存在しており、手作業で施工することと比較した場合では、かなりの時間短縮を行うこともできます。手作業で施工することが必要な細かい部分もDIYには必要ですが、電動タイプの工具を活用することで効率の良い作業を進めることができます。