輸入車の色々なイメージ

輸入車と聞くだけで敬遠している人もいると思います。
そんな輸入車のイメージを記載していきたいと思います。

まず初めに、輸入車と聞くと高いとイメージする人が多いと聞きます。
たしかに高級車ですと新車価格で何千万もの価格もするものもあります。
ただそれは一握りのブランドの車であり、お手頃価格の輸入車もあります。
国産車とさほど価格が変わらない輸入車もあるため、ただ単に高いというわけではありません。

次に、故障が多いというイメージがあるとよく聞きます。
新車であれば部品がすべて新品なので大丈夫ですが、新並や中並のような中古車であれば、部品も中古を使うことが多々あるので壊れてしまうスパンが早くなることがあるため、故障が多いというイメージがあるのでしょう。

新品の部品を付ければ、もちもよく故障しないのですが、部品を海外から輸入しなければいけないことが多く、価格が高騰してしまうため中古の部品を付ける人が多いので、また故障までのスパンが早くなってしまっているようです。

他にはやはり耐久の面で、その国々の気候に合わせて作っていることが多いため、日本の気候には合わず劣化が早くなってしまう場合もあります。

最後に、輸入車は新並や中並のような中古車であれば、新車価格に比べてかなり格安で買えることが多いです。
中古車になると、新車価格からの値下がりが大きい車が多いため、お値打ちに買える車が多くオススメです。
故障で部品を交換したことを考えても、国産車よりお得な車もあります。

私も奈良で外車修理を専門にやっている車屋さんにお世話になって居ます。

カーフィルムでストレスを軽減できる

たまに車にのる機会があると、外からの視線がなにか気になることもあるのですよね。
寝ている顔を見られるのが嫌だなとか、車内で何かをしているのを一々見られるのが嫌だと感じることもありました。人によっては車の中を覗きこむような人もいますよね。
ニヤけられたりすると、なんだか覗かれているようで気持ち悪い感じのこともあります。そういう場合は、外側から死角になるように車内で行動することもあるのですが、車の構造上、四方がガラスになっているので、人通りの多い場所では必ず誰かに見られているでしょう。
前部の座席ならなおさらですが、後部の座席でも同様です。
車内にカーテンを取り付けるという人もいますが、カーテンを引くと車の内部からの死角が増えて、危険が増すということにもなります。
じゃどうするかと考えると、最終的に行き着くのはカーフィルムしかないのではと思います。
カーフィルムは外から車内を見えないようにする、または見えにくくするタイプのものは一般的です。
紫外線、赤外線をカットし、太陽の熱を反射して車内の温度が上がりにくくなる効果を持つカーフィルムなども出ているそうです。
カーフィルムを貼るだけでそとからの視線がきになる状態を、少しでもよく出来るということだから、取り入れてみても良いんじゃないか
と思います。
特に後部座席に座っている場合には、外からの視線は完全にシャットアウトも可能になりますし。
人の視線を気にせず行動できることで、ストレスをなくしていけるのは良いことですし。

car_sports