築15年、はじめてのワックスがけ

かねてより気になっていたトイレの床を磨き、ワックスを塗りました。弟が小さい頃はしょっちゅう周りに尿を飛び散らしていたせいか、便器の周りの床が剥げてぼろぼろ。しかもこの数年は妙にべたつくようになっていて床板だけでも張り替えれないものかと悩んでいました。とはいえ、トイレの中だけとはいえ床板を張り替えるとなるとお金が…。これ以上悪くなりようもないのだし、できることをまずやってみよう!とホームセンターでワックスと洗剤を購入。乾くのに時間がかかるだろうと難色を示していた父が、親戚の葬儀に呼ばれて出かけている間に大掃除を敢行しました。

薄めた洗剤を雑巾に含ませ、汚れや剥げかけのワックスをふき取っていきます。瞬く間に雑巾は黒くメタメタに。毎週、掃除機もウエットタイプのワイパーもかけているし、いくら何でも成人した男たちがここまで汚すわけもないのにと不思議に思いましたが、ふとトイレットペーパーなどを置いている棚を見て気が付きました。

スプレータイプの消臭剤!効果は抜群なのですが、あのスプレーが付着したところがメタついていたようです。安いスリッパを使っているからすぐに底が悪くなるんじゃ…と取り換えた4足のスリッパさん、ごめんなさい。犯人はあなたたちではありませんでした。今後はお客様が来るとか、よほどひどい場合を除いてできるだけ使わないようにしようと決めました。

30分くらいかけて念入りに床を磨いた後、掃除道具やごみ箱などを表に出し、いよいよワックスを塗ります。床に合わせて色はライトブラウン。1年間大丈夫というちょっと高めのものを選んでみました。普段は触らない奥のほうから丁寧に塗っていきます。初めての場合は2度塗りと説明にはありましたが、3度は重ねるつもりです。何せすっかり下地が出てしまっている部分があるのですから。開けると隣家から丸見えになってしまうので普段は閉めっぱなしにしている窓も全開にします。風が通り抜け、早くワックスを乾かしてくれそうです。

黙々と作業をすること1時間。1度目の塗りが完了しました。その後はさらに1時間待ち、もう一度ワックスを重ねます。本当は3度目まで終わらせたかったのですが、父が帰ってきてしまったのでその日の作業は終了しました。

「スリッパで歩いてもぺたっぺたって音がしないな」と父も満足そう。もっと早くやっていればよかったです。この状態を守るべく、こまめにトイレの床をふき、誰も使っていないときは窓を開けて空気の入れ替えをするようになりました。今度は台所と洗面所の床もやってみようかなと考えています。
toilet_kirei

夏暑く冬寒い3F建ての家

夏暑く冬寒い。
購入して5年ほどになる我が家はまさに、そんなタイプの家でした。

最近よくある3F建て、2Fリビング、リビングの真下にあたる1F部分がガレージという我が家は、夏場になるとぐんぐんと温度が上がり、2Fと3Fが暑くなり、冬場はガレージからの冷気によってリビングが寒くなる、という家です。

冬の床からの冷気に関しては、裏がゴムになっているタイルカーペットを敷き詰めたりホットカーペットを使用することで改善できます。

ですが特にひどいのが夏場でした。
夏の昼間になると3Fの温度が上がり、窓を全部開けたところで全く涼しくはなりません。

3Fには2部屋ありますが、夏場は暑くて暑くて、掃除をするのも一苦労でした。

自分なりにできる対策はしたつもりでしたが、3F建ての家は特に天井への遮熱塗料を塗装すると効果が高い、という話を耳にしたのは知人からです。

知人は住んでいる家が10年ほどになり、外装の塗り替えを業者にお願いしたときに、屋根もお願いしたとのことでした。

そのときに業者の方が3F建ての家で3Fや2Fリビングが暑くなる場合には、遮熱塗料を塗ることによって少しは状況が改善できることがある、と言っていたそうです。

実際に知人の家もその業者さんで外装、屋根ともに塗り替えをしたところ、体感温度が下がったので夏場でも過ごしやすくなったそうです。

そしてもしも業者さんに塗り替えをお願いする場合には、色によっても効果の出が違ってくるとのことなので、きちんと相談に乗ってもらった方がいいよ、と教えてもらいました。

我が家でもさっそく主人と相談したところ、主人も夏の部屋の暑さに辟易していたようです。すぐにOKが出たので早速知人がお世話になったという業者さんを紹介してもらいました。

幸いなことに我が家はあまり色の組み合わせに関しては悩むこともなかったので、とにかく一番効果が高そうな色で、というオーダーをすると、元々の屋根の色よりも、少しだけ薄い色をチョイスしてくださいました。

あれからすでに2回ほどの夏を終えましたが、知人の言う通り、体感温度が少しだけ下がった気がしますし、風が吹いている日ならば3Fでの掃除も今では苦にはなりません。

神社の説明書きを新しくしてもらいました

私の住んでいる町内に古くからある小さな神社があります。
神主さんとも古くからのお付き合いなんですが、この前町内会で会った時に相談をされました。
今、神社の前に木の説明書きがあるんですが、毎年のように雨で字が読みづらくなってしまうそうです。
この説明書きを石に出来ないものですかねぇと相談されました。
私がこの前、石の仕事をしている知り合いのことをたまたま話していたので、この説明書きを石にすることをふと思いついたようです。

なんとかしてあげたいと思い、知り合いに聞いてみました。
低めの石でツヤのあるものを置けば、雨にも強くてずっと置いておけるからいいかもねと言っていました。
あと1つ提案してくれたのは、説明書きを金属プレートに書いた方が良いということでした。昔はプラスチック製で字を書いていたそうなんですが、そういえば最近はビルなどにも金属プレートで字が書いてあるのを見たことがありました。
あと、古くからの写真があればそういった写真を金属プレートに載せるフォトエッチングという技術があるそうです。
知り合いの会社では石屋が文字と写真のフォトエッチングも含めて全て作業してくれるそうです。

一旦持ち帰って神主さんに相談しました。
特に写真を付けるというところをすごく気に入ってもらえて、神主さんのお爺さんの代から写っている神社の写真を見せてもらいました。
大正初期の頃に撮った写真だそうですが、神社に少し面影はあるものの、昭和に入って改修しているらしく、貴重な写真であることがわかります。
石で作ると木よりも値段は多少かかりますが、石も説明書きも一度作れば、地震などで壊れない限りは永久に使えます。
私の提案で町内会の有志の人たちから募金もすることにしました。
やっぱり町の大切な神社ですしね。

神主さんと一緒に知り合いの会社に、説明書きと白黒写真のデザインを決めに行きました。1メートルほどの立方体の石碑に銅板の説明書きと写真を付けてもらう感じで、サンプルを見せてもらうと神主さんの想像していた通りのものだったようで喜んでくれました。

1ヶ月ほど前に作業が始まり、先週ついに完成しました。
この神社に来たいろんな人がこの石碑を呼んで、この神社のことを想いに刻んでくれたら嬉しいですね。

お部屋退去立ち会い ~ 費用にビクビクする私たち

入籍と共にお引越しもして、同棲していたお部屋の退去立会いに行ってきました。

間取りは1Kのメゾネットタイプ。
壁紙は黄色くなってるし、キッチンも油なんかで黄色いシミがたくさん出来てて、換気扇は油でベトベトしるし。床もタバコの焦げ跡が何箇所かあるしで、汚れがひどい状態です。
メゾネットを寝室がわりにしてて、窓がなく、万年床にしてたときもあったので、床にカビらしき黒い汚れもついてます。
敷金を入れてるものの、退去するのにかなりのお金がかかりそうだねって旦那と話してたんです。

彼(現:旦那)の家で一緒に住もうってなっとき、私が一人暮らししてた家を引き払う事にしたんだけど、その時も退去費用に悩まされてました。
敷金・礼金がなくてもお部屋が借りられるってCMしてる会社で、昔そこに住んだことがある友人から退去費用がウン十万したっていう話も聞いてたので、女1人だと舐められちゃいけないと思って、彼(現:旦那)を連れてったのを覚えてます。
ちなみに彼(現:旦那)は、身長が高くガタイもいいタイプで、道を歩いてると、正面から人が来たら道を譲られる見た目で、友達になった人からは「人は見た目で判断しちゃいけないね。」と言われる人なんです。
私の家を引き払う時は、家賃が日割り計算で、残りの家賃分じゃ足りなかったので、ちょっと足したぐらいで、確か10万もせず数万程度でおさまりました。
タイミングが良くラッキーだったんです。
物件自体も古くて、以前「今の物件は古いので新しいお部屋に住み替えないですか?」って電話がかかってきた事もあるくらい。
床が絨毯で、焦げ跡やシミがたくさん付いてたけど、フローリングに張り替えるので、絨毯代は無し。
壁紙も汚れてて全面張り替えだけど、住んでる年数が長かったので1割負担におさまりました。
ほかにも色々あったけど、突っ込まれず思ったより安価でおさまったんです。

そして同棲してた部屋についてですが、2週間ほど前に管理会社から連絡が来て、「突然ですが、オーナーと管理会社が変わりました。」と連絡が来たんです。
立会いの会社が変わっただけで、特になにもメリットがないと思ってたんだけど、当日の立会時間はわずか5分ほどで終わりました。
何をしたかって言うと、玄関前で管理会社と待ち合わせをして、一緒になかに入って、振込口座と名前と連絡先を記入しただけ。
とても簡単です。そうです、以上で終わりです。
狭い部屋なので、管理会社の人はお風呂とトイレを見て、メゾネットの上の部屋を見て、それで終わりです。
費用について何も言ってこなくて怖くなってたところに旦那が「費用ってどうなるんですか?」と聞いてくれました。
そしたら、敷金の余りを振り込むというはじゃありませんか。
頭に?(ハテナ)が浮かびました。
立会人曰く、「通常なら契約書にハウスクリーニング代やなんやらかんやら事細かに書くはずなのに書いてないので詳細が分からない。」という事でした。
契約書にあるはずの詳細事項については理解できなかったど、要は以前の管理会社のやり方が曖昧で、うちのと違うんだよ。だからお金取らないよ。って事でいいのかな?

何はともあれ、家の引き払いは無事に終わりました。更に、少し敷金が戻ってくるのは嬉しいことじゃないですか。
正直、戻ってきた敷金は生活費にあてたいところだけど、付き合う前に旦那が借りた部屋なので、旦那に渡そうと思います。
今言ったらパチンコ代にする!って言うと思うので、管理会社から振込まれるまで黙っておこうと思います。
hikkoshi_man

大型施設での断熱塗料の利用

大型施設においては、積極的に断熱塗料が利用されるようになりつつあるのではないかと考えられています。新たにこうした規模の施設が建てられる際には、昨今高い割合で断熱効果のある塗料が選択される傾向にあるとされており、関心が様々なところから示されて畏怖のではないでしょうか。多くの人が密集することの多い場所であると考えられているため、塗料に断熱効果を持たせることが、スタンダードなものとして捉えられているのではないかと思います。様々な方面から、断熱塗料を利用していきたいと希望する意見が挙げられるようになり、大型の施設などではしばしば活用されていると言えるでしょう。

こうした傾向は、多くの地域において確認されるものとなってきつつあることから、断熱塗料をより活発にしようしていくことも希求されるようになってきています。そのため、今後はより多くの建物に対して、こうした塗料が普遍的に使用されるようになるのではないかと予測されています。
従来よりも断熱効果の高い塗料も多数存在するようになると見込まれていることから、大型の施設などにはより高い頻度でこのタイプの塗料が活用され、快適な空間が作られていくのではないかと思います。