歯医者さんが苦手だった私が今ではオーラルケアにハマっています

子供のころから虫歯が多かったので歯医者さんは非常に苦手でした。社会人になってからもそれは同じで、歯科クリニックに行くのはすでに治療困難になって歯を抜く時という状態でした。

そんなある日、歯が倒れてきているような気がしてあわててクリニックに予約を取りました。引っ越ししたばかりで初めて行く姫路の歯科クリニックでしたが、ホームページがあったので院内の様子が分かり、今までよりは緊張感はなかったように思えます。

実際に行ってみると話し好きの気さくな先生で、「昔の歯医者は歯をグリグリやっていましたが今は大丈夫ですよ~」なんて感じで帰る頃には定期検診の予約もしていました。以来、3か月ごとに定期検診に通うようになりました。歯科クリニックに定着するのはこれが初めてのことです。

検診ではまず歯磨きの仕方を教わるのですが、「そんなの知ってるわ」と思っていたのに磨き残しばかりで歯が検査薬で真っ赤でした。今までいいかげんな歯磨きをしていたのでなかなか覚えられず、歯科衛生士さんに「いいがげん覚えなきゃだめだよ~」と呆れられ、覚えるのに1年以上(4回以上)かかりました。そのうちにフロスも使えるようになり、歯間ブラシも使い始め、舌ブラシまで使うようになりました。ちゃんとケアすると確かに爽快で気分がよく、洗面所にはいろんなオーラルケアが並ぶようになりました。

ある日、2本残っていた親知らずの1本が虫歯になりかけて抜くことになりました。レントゲン写真を見たら真横に生えている歯で神経も近くにあったため、紹介状をもらって大きな病院の口腔外科へ行くことになりました。行ってみると「このくらいの歳ならね~、高齢になると生死の問題になる」と言われてびっくり。「たくさん薬を飲んでいるからね」とのことでした。また、「下顎に痺れがのこることがあって教科書では5人に1人がなると書かれています」と言われました。簡単なものだと思っていたので驚きでした。結果的には全然問題なかったのですが、以来、興味がでてきてネットなどで歯やオーラルケアについて調べるようになりました。

世の中にはニッチな歯科クリニックがあって、口臭対策専門や、透明のマウスピース専門の矯正歯科などがあり、審美歯科にはたくさんのメニューが並んでいます。歯や口元はコンプレックスだったので、もっと若いうちに知っていたらよかったのにと思いました。現在は近所のいつものクリニックでホワイトニングなどをやっていて、その他にはネット通販でオーラルケアグッズをせっせと購入してはチャレンジしています。先日実家に帰って両親にその話をしたら、「人間変わるものだな~」と笑われてしまいました。

80歳になっても自分の歯が20本ある暮らしが良く言われますが、定期検診をしていれば楽勝でそうなれるのではないかと思っています。友人にはオーラルケアの知識をせっせと披露しては定期検診を勧めている毎日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。