冬休みは子供たちと実家で満喫、そして私の両親が元気なことに感謝

1月4日から7日まで、私と息子6歳と娘3歳の3人で実家に泊まりました。実家は我が家から車で片道15分、息子が長い休みに入ると何日間か泊まらせてもらっています。私たちが泊まりにいくと、ありがたいことに両親は一生懸命もてなしてくれます。父が1日仕事が休みの時に泊まりに行くので、父が運転する車で、テーマパークや水族館など子供たちが喜びそうな遊び場に、必ず連れ出してくれます。去年の春休みは水族館、夏休みは京都鉄道博物館、そして冬休みの今回は遊園地の「ひらかたパーク」に連れて行ってくれました。

「ひらかたパーク」略して、「ひらパー」は大阪府枚方市にあり、創業100年以上の歴史ある遊園地です。V6の岡田准一さんが枚方市出身なので、ひらパー兄さんとしてイメージキャラクターになっています。ひらパーは実家から近く、子供の頃からヒーローショーを観に行ったり、遠足でも何度も遊びに行った思い出深い遊園地です。そんな子供の頃から何度も遊んだ遊園地で、自分の子供たちと遊べる日がくるなんて。幸せを噛みしめました。

風が強く、とっても寒い日でしたが、子供たちは大興奮。身長は120㎝あり、年齢的にも制限が少なくなった息子は全力で楽しみ、1人でも率先して乗り物に乗っていました。娘は3歳で、まだ乗ることができる乗り物が限られているので、探しながらでしたが、物怖じしない娘も楽しそうでした。両親も孫と一緒に遊んで楽しそうでした。ひらパーは小さい子供向けの乗り物が多くあり、未就園児がいる家庭は助かると思います。夏はプール、冬はスケートリンクもあり、子供たちが大きくなったら、プールやスケートリンクにも遊びに連れて行ってあげたいと思いました。

滞在初日は姉家族も一緒に初詣、2日目はひらパー、3日目は近くのイオンへ。イオンで私が買い物中は母が小さい子供向けのゲームセンターで、子供たちを遊ばせてくれていました。至れり尽くせりで、両親には本当に感謝です。毎日イベント盛りだくさんで、子供たちは大満足の冬休みだったと思います。両親が好物の晩ごはんを作ってくれ、実家でもたっぷりと遊びに付き合ってくれるので、唯一うちの両親は親以外で子供たちが甘えられる存在。悪さをすれば、もちろん両親は怒りますが。夫と私以外にも愛情をたっぷり注いでくれ、時には叱ってくれる、そんな両親が近距離にいて、良かったと思います。もらった愛情をたっぷりと貯金しながら、子供たちが大きくなった時、友人やパートナー、自分の子供たちに愛情を持って接していってほしいと願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。