夏暑く冬寒い3F建ての家

夏暑く冬寒い。
購入して5年ほどになる我が家はまさに、そんなタイプの家でした。

最近よくある3F建て、2Fリビング、リビングの真下にあたる1F部分がガレージという我が家は、夏場になるとぐんぐんと温度が上がり、2Fと3Fが暑くなり、冬場はガレージからの冷気によってリビングが寒くなる、という家です。

冬の床からの冷気に関しては、裏がゴムになっているタイルカーペットを敷き詰めたりホットカーペットを使用することで改善できます。

ですが特にひどいのが夏場でした。
夏の昼間になると3Fの温度が上がり、窓を全部開けたところで全く涼しくはなりません。

3Fには2部屋ありますが、夏場は暑くて暑くて、掃除をするのも一苦労でした。

自分なりにできる対策はしたつもりでしたが、3F建ての家は特に天井への遮熱塗料を塗装すると効果が高い、という話を耳にしたのは知人からです。

知人は住んでいる家が10年ほどになり、外装の塗り替えを業者にお願いしたときに、屋根もお願いしたとのことでした。

そのときに業者の方が3F建ての家で3Fや2Fリビングが暑くなる場合には、遮熱塗料を塗ることによって少しは状況が改善できることがある、と言っていたそうです。

実際に知人の家もその業者さんで外装、屋根ともに塗り替えをしたところ、体感温度が下がったので夏場でも過ごしやすくなったそうです。

そしてもしも業者さんに塗り替えをお願いする場合には、色によっても効果の出が違ってくるとのことなので、きちんと相談に乗ってもらった方がいいよ、と教えてもらいました。

我が家でもさっそく主人と相談したところ、主人も夏の部屋の暑さに辟易していたようです。すぐにOKが出たので早速知人がお世話になったという業者さんを紹介してもらいました。

幸いなことに我が家はあまり色の組み合わせに関しては悩むこともなかったので、とにかく一番効果が高そうな色で、というオーダーをすると、元々の屋根の色よりも、少しだけ薄い色をチョイスしてくださいました。

あれからすでに2回ほどの夏を終えましたが、知人の言う通り、体感温度が少しだけ下がった気がしますし、風が吹いている日ならば3Fでの掃除も今では苦にはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。