DIYウェディングてやっぱりすごい!人生で一番素晴らしい結婚式に出席してきました

先日、親友の結婚式に出席してきました。
神前式、親族と親友のみのレストランウェディングと両方参加しましたが、本当に素晴らしい結婚式でした。
手作り感いっぱいのアットホームな感じの結婚式で、親友だったからということを抜きにしても、今まで参加した式の中で一番心に残る楽しい結婚式でした。

最初の人前式はさすがに神社任せでしたが、和装の結婚式はやはり趣があるし、お二人とも袴と白無垢が良く似合っていて、かっこよかったですね。
神社には観光のお客様もたくさんいて、ジャパニーズスタイルの花嫁・花婿の登場に皆さま大興奮。
偶然この場に居合わせた観光客さんはとてもラッキーですね!日本人でも興奮するのに外国の方なら、なおさら大興奮ですよね。

お次は場所をかえてレストランウェディング。
会場になったレストランは、何度かお食事しに来たことがある所だったのですが、同じお店と思えないくらい店内装飾が綺麗でした。
テーブル、壁など、いたる所にアンティークカラーの草花がいっぱい飾られていて、天井にはフラッグと電飾がずらり。
街の中心部にあるレストランなのですが、なんだか森の中のレストランに来たかのような気分でした。
テーブルアイテムやペーパーアイテムも一つ一つがお洒落で、あれもかわいい、これもかわいいとはしゃいでいる内に、あっという間に開宴の時間に。

シンプルな昔ながらのブラックのタキシードに身を包んだ新郎が登場した後、親友が父親と腕を組んで登場。
アンティークレトロな雰囲気の個性的なウェディングドレスが本当にかわいくて、思わず「わあ」と声が出てしまいました。
麻布袋を並べたバージンロードも会場の雰囲気によく合っていて、よくこんなアイデアが浮かぶなと感心。

式の流れは比較的あっさりとしていて、その分みんなが新郎新婦とゆっくりお話しする時間があった所も良かったです。
普通の披露宴だと、衣替えだとか、余興だとか、キャンドルサービスだとかでせわしなくて、結局新郎新婦と触れ合う時間がほとんどないですもんね。

少ない催しの中で一番感動したのが、ファーストバイトならぬ「ラストバイト」でした。
私は初めて見たのですが、美味しいごはんで大事に育ててくれたお母さんから、最後の「あーん」をしてもらうという催しでした。
新郎新婦それぞれの母親に、小さい頃好きだった料理を作ってきてもらって、食べさせてもらうという流れだったのですが、感謝の手紙よりも感動しました。
その料理にまつわるエピソードを懐かしそうに、そしてちょっと寂しそうに話すお母さんの表情を見ていると、思わずウルウル・・・。

会場内のデザイン、式の流れや司会のセリフ作成、BGMの選定、テーブルナプキンを折りたたんだり、席札のネームも全てハンコで手押するなどの細かな作業も、全て二人で行ったのだそうです。思えば招待状も手書きでした。
装飾も前日の夜中まで頑張ったのだそうです。
親族や親友を喜ばせたいというお二人の気持ちが伝わる本当に素晴らしい結婚式でした。大変だったとは思いますが、プランナーつきの結婚式よりも、ずっと思い出に残る結婚式になったことでしょう!
お疲れ様でした、そして本当にありがとう!
wedding_hanayome

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。