新幹線で常時監視カメラで撮影に。

新幹線が2016年の春から常時監視カメラでの撮影が決まりました。

今回決まったのは、秋田、山形、上越新幹線です。既に東海道、山陽新幹線などでも決まっていたので、全国各地で常時監視が始めることになります。
今回の決定には、2015年の6月に起きた東海道新幹線での男性による焼身自殺が大きく影響しています。この事件では、火をつけた男性を含む2名が亡くなり、20名以上の方が重軽傷を負いました。

今までは非常ボタンが押された際に、設置してあった監視カメラが録画される仕組みだったようです。ただ、これではこのような事態には全く対応は出来ません。
こうした悲惨な事件を未然に防ぐ意味でも、今回の常時監視化は当然だと思います。

新幹線でこのような事態を想定してなかったのでしょうが、今更感はします。航空機では乗る前には持ち物検査は当然ありますし、身体検査も行われます。

それが新幹線では完全にスルーされています。
防犯の観点から考えても、今回の常時監視は当然ですし、それでもまだ甘いかなと思います。

この事件では火災でしたが、もし爆弾を設置されていたら、とんでもない事態になっていました。撮影をすることで、一定の抑止力になるのかもしれませんが、テロを起こそうとする輩には意味はないかもしれません。

日本にもテロの脅威が迫っている状況で、やや対応が甘いように思います。

新幹線はすぐに乗れるのがメリットなのかもしれませんが、最低でも持ち物検査の導入は考えるべきだと思います。これには職員を増やさないといけませんし、設備も新たに設置しなければいけません。

ただ、安全安心な乗り物として、過去に大きな事故も起こしていない新幹線ですから、なおさらセキュリティを強化する必要があると思います。
航空機と同様に、新幹線も走る凶器と化します。
何か大きな事が起こってからでは遅いので、今から検討を始めるべきだと思います。

性善説でどうにかなる時代ではなくなってきている現在に、甘い対応ではいずれ事件が起こります。

利用者の安全のためにも、早めの検討をお願いしたいものです。

お米は毎日たくさん食べるモノだから

幾らパン食やシリアルの普及や米食離れが進んでいると言っても、やはり日本人の多くが1日に1度はお米を食べているのが現実だと思います。
そしてかなりの人にとって、1日のうち2食以上は米食だったりすることが多いのも事実でしょう。それだけ日本人はなんだかんだ言ってお米を食べていると思います。

しかしそうなると、当然かなりの量の米を食べているわけで、もし質の悪い米や悪いものを含んでいる米を食べていると、体にとって悪いものを取り込んでしまうという結果にもなりかねません。
農薬の全てが身体に悪影響を与えるわけでもないし、基準内であれば問題ないのが通常考えられることではありますが、身体が小さく影響が大きい子供などを持つご家庭などでは、できるだけ無農薬のお米や玄米で米食を取りたいという考えをお持ちなのではないでしょうか?

注意しなくてはならないのは、無農薬のお米や玄米は、有機栽培のお米や玄米とイコールではないということです
有機栽培とは無農薬の場合も当然含みますが、一定の農薬を使用した場合にも使用を許された言葉だからです。
ですので、有機栽培であるから無農薬であると勝手に思い込むこ
とは避け、きちんと中身を確認する必要があります。

さて、無農薬のお米や玄米ですが、おコメ屋さんの店頭などでも購入することは出来ますが、全国のものを色々吟味したいとなると、やはりネットの通販を利用するというのが一般的になるかと思います。

当然、生産者が直接販売に関わっていることが多いですから、生産の際の状況などを詳細に説明しているサイトなどがあると思います。
ですので、出来るだけきちんと「情報公開」しているサイトで購入することが、品質の高い無農薬のお米や玄米を購入することに繋がるのは言うまでもないでしょう。

自動車を購入してより充実した生活

私が新婚の頃は自動車を持っておらず、二年ほどかなり不自由な暮らしをしていました。
車が不可欠の田舎とは違い、街中に住んでいたので、車がないとどうにもならないというわけではありませんが、駅と家の周辺しか分かりません
し、家の前の道を行くとどこへつながっているのかも、さっぱり分かりません。

ホームセンターで衣装ケースを買っても、配送を頼むとかなり費用がかかるので、お店で軽トラックを借り、荷台に乗せて自宅まで持ち運んだ時
は、再度軽トラックを返却しにお店へ戻らなければならず、その後はまた歩いて自宅まで帰ったこともあります。
今考えれば、自動車なしでよく生活していたなぁという感じですが、当時はないものは仕方がないと思って、不自由ながらも何とかやっていまし
た。
軽自動車ではありますが、やっと自動車を購入した時、その生活の激変ぶりに、やっぱり車は必要だと強く実感したものです。
車があれば、駅から遠くにあるような郊外型の施設にも遊びに行けますし、週末にスーパーへ出かけて、お米やお水をどっさり買い込んでも平気です。
何より、行動範囲が広がったことがとても嬉しく、週末もより充実したので、生活にメリハリがついたように感じました。

illust1804