日本のお菓子は控えめ?

この前オーストラリアに行った友達からお菓子をもらったのですが、
ただのチョコレートではありませんでした。
随分とポップな色紙に包まれたチョコでしたが、
食べてみると口の中がパチパチと弾けて目も(@_@;)パチクリ状態でした。
面白かったです(笑)
口の中で線香花火が(+o+)弾けているような感覚でしたね。
子どもが喜びそうなお菓子です。

私はこういう海外のお菓子が好きです。特にチョコレートですかね。
なんだか日本人はそんな太ってもないのにカロリーばかり(・_・;)気にして、
何でもかんでもゼロカロリーのものばかりです。
だからか知りませんが、チョコレートも海外のものに比べると
(ーー;)全然味がしないのです。

私が海外に行った時に食べたチョコバーは、
初めて食べた時(>_<)甘すぎて一口しか食べられませんでした。
それくらい甘いものがあるのです。
だから、誕生日に食べるケーキも生クリームが全然甘く感じなくて
私はおいしいとは思いません。
よく、テレビで「さっぱりした甘さ」と表現し、
それが良い表現と捉えられていますが、
私はがっつり甘い方が好きですね。
健康志向で味が薄いものより、濃いものの方が好きで、
甘いもの以外でもお味噌汁などはしょっぱいものが好みです。

日本にもあの甘いチョコバー(>_<)上陸しないかなぁ・・・。

歯科医院のトラウマ全て払拭!理想の院内環境

 

歯科医院には子どもの頃のトラウマがあるという人、多いですよね。

ツンとする薬品の(+o+)臭いや手術台みたいな大きな照明、
その中を歯医者さんが鋭い器機を持ってドアップで迫って来る様子、
そして何よりあの(@_@;)ウィーンという歯を削る甲高い音…
どれも大人でも快く思えるものではありません。
でも最近はそういった環境を緩和してくれる歯科が増えているようです。

私が先日初めて行ってみた西宮市の歯科医院はあまりに
洗練された空間になっていて、良い意味でとても(・。・;驚きました。

実は私、あらゆる病院でまず嫌悪感を感じるのがスリッパだったんです。
床をペタペタ歩いたスリッパを重ねて置いてあるところもあり、
ただ足を通すのにも思い切りが必要でした。

でもそこでは、スリッパは除菌ディスペンサーに入っているんです。
これなら清潔感があるので抵抗なく^m^触ることができました。

待合室はこじんまりしているものの、モスグリーンと白を基調にした
(*^_^*)爽やかかつ穏やかなデザインです。
みんなが苦手なあの音も治療室から聞こえてこないよう、
防音になっているようでした。
新聞やオシャレな雑誌も置いてあるので、落ち着いて過ごせます。

いざ名前を呼ばれて中に入ると、治療スペースが広々としていて
(+o+)圧迫感がありませんでした。
しかもパーテーションで区切られており、
大口を開けた無防備な顔を他人に見られることもありません。
何より安心できたのは、消毒の徹底です。
歯科衛生士や医師たちはしょっちゅう手袋を替えていたし、
機器の衛生管理に細心の注意を払っているのもよく分かりました。

では、肝心の腕前はと言うと…
この上なく(*^_^*)良かったです!
ほかでは痛むようなことでもほとんど痛まないし、
微調整にも根気強く応じてくれました。
さすが、ここまで患者の気持ちに立った院内設計をできる先生というのは、
しっかり腕も磨いているんですね。

過去を振り返ると確かに、下手な歯医者ほどなぜか
患者に対して(ーー;)横柄でした…。

ようやく理想的な歯医者に出会えたので、
この先生に一生お世話になりたいと思います。

最近のアニメについて

最近は、子供たちの間で、「妖怪ウォッチ」というアニメが流行しています。とはいえ、昨年ほどの勢いはなくなってきており、だんだん下火になっていくのかと言う気もしています。そんな中で「ドラえもん」は、いまだにテレビアニメが続いており、根強い人気を誇っていると思います。ドラえもん人気はどうして衰えないのか、考えてみると、やはり、キャラクターが確立されていると言う点が大きいと思います。ドラえもん、のび太、ジャイアン、スネ夫など、それぞれの個性がしっかりしており、ぶれないところがいいのではないかと思います。ひみつ道具で問題を解決していくというパターンは毎回変わらないのですが、随所にあきさせない工夫がされていると思います。ひみつ道具もいろいろなものが作りだされており、よくこれだけのアイデアが浮かんでくるものだと感心してしまいます。ドラえもんを超えるアニメはなかなか出てこないのではないでしょうか。ポケモンやちびまる子ちゃんも長続きしているとは思いますが、ドラえもんの圧倒的な存在感の前ではかすんでしまう感じがします。世界的にはディズニーというアニメの巨人がいますが、ドラえもんも世界中で愛されているキャラクターであり、決して負けてはいないと思います。

family_tv

初めて聴くドイツと絵画レンタルの話

図書館の近くに小さな喫茶店があり、コーヒーがとても美味しいのでよく足を運んでいます。5つくらい年上のマスターが一人でやっていて、すらりと背が高く笑顔が優しいからか、なかなかのマダムキラーです。いつもマダムたちに囲まれているので、私はひっそりと本を読んだりコーヒーを堪能したりしているのですが、今日は珍しく空いていて、初めてマスターと会話らしい会話ができました。私がたまたま洋書を読んでいたからでしょうか、「英語ができるんですね、尊敬します。」と言われ、昔イギリスに住んでいたからと答えると、「僕は仕事でドイツにいましたよ。」とマスター。どんな仕事か聞いてみると、アンティークの絵や額縁の買い付けと言います。なんだかかっこいい響きですね!マスターは転職前、ある画廊に勤めていて、買い付けて来た絵を売ったり貸したりしていたのだそうです。絵を貸すというのがピンと来なかったのですが、レンタル絵画といって、オフィスのコピー機のようにリースできる仕組みがあるということです。確かに絵画は高額なものが多く、一括で購入するよりは初期費用が抑えられて、ビジネスを立ち上げたばかりの時などは特に便利ですよね。それに買ったら高額なぶん、飽きたからと言って次々かけ替えるというわけにもいきません。その点、レンタル絵画は入れ替えも可能だそうなので、季節によって雰囲気を変えたりできますね。私の友人が近々リラクゼーションサロンをオープンする予定で、絵を飾りたいけれど見る目がなくてよく分からないと言っていたので、レンタル絵画を勧めてみようと思います。それにしても、ドイツも絵画も私にとっては完全に未知の世界なので、マスターの話は新鮮で面白かったです。またマダムのいない時間帯にあたるといいのですが…。

友人との電話を週に1回はしている

私の友人は沖縄県に住んでいます。私が学生の頃、沖縄で一人暮らしをしていた際に知り合いました。その友人とは週に1回は飲み会をしながら騒いだり、私の家でゲームをしたりして、楽しく過ごしていたのです。しかし、4年が経ってから私は大学を卒業します。就職は、地元神奈川県で探そうと思っていました。友人にもその事を告げます。友人は寂しいようなそうでないような反応をみせていましたが、最後は笑顔で私を見送ってくれました。そして現在、SNSと言うコミュニティサイトを使っています。そこにその友人も登録しているのです。私達は週に1回だけ、何かあったわけでもなく電話をします。たった週に1回だけ、しかも何処かで飲んでいると言うだけの電話でも安心しました。よかった、楽しそうで何よりだと思ったのです。

bar_men

アパートの電話回線がひかりに新しくなりました

古い木造住宅のアパートに今度一斉にひかり電話を導入することになりました。

このアパートにはこれまで電話もインターネットも住人がそれぞれで契約していて、ネットは数メガしか出ない古いタイプしか敷けませんでした。

まぁ家賃も安いので仕方ないかぁと思っていました。

管理人のおばさんとは仲良しなのでひかり電話のことを聞いてみました。

「設備が古くなったからですか?」と聞くと「それもあるけど、今回導入したら安くしときますよって言われたから」だそうです。

まぁ業者さんは決まってそう言うんだろうけど・・と思いながら、管理人さんには余計なことは言わずにおきました笑。

その後も機械に弱い管理人さんに付き添って一緒に業者さんの話を聞いたりしました。

業者さんによると、電話の工事をする時にはアパートの部屋で少し作業がいるそうです。

管理人さんは「部屋の中の工事って嫌がる人もいるんだよねぇ」と不満を言っていました。

「電話代安くなるんだから、それ言ってお願いしようよ」となぜか管理人の立場で考えている自分がいました笑。

管理人さんも電話代が安くなることはあまり知らなかったようで「え、安くなるの?」といまさら僕に聞いていました。

こういうメリットがあると管理人さんとしても話しやすいですね。

住人の人たちにチラシを配って部屋の工事の希望日を聞くことになりました。

チラシには「電話代が安くなるので導入します」と書いたそうです笑。

しばらくして全部屋の人たちの希望が集まり業者さんに提出しました。

僕は早く敷設してほしかったので管理人さんにお願いしてご褒美に一番最初にしてくれました。

業者さんと直接話すことが出来たので、ひかり回線も同時にお願いしました。

後日管理人さんは「電話代安くなったわ〜」と喜んでいました。

僕の方も実家は地方の県なので遠方の電話も気兼ねなくすることが出来るようになりました。

ひかり回線も利用できるようになり、一気に1Gになって明らかに体感速度が変わりました。

後日管理人さんになぜにひかり電話を導入したのかを聞くと、管理人さんの会社では中古のビジネスホンをすでに導入しているのでと言われていました。

アパートなのでずっとこのままなのかなと思っていましたが、これでまだこの部屋には当分お世話になりそうです。